桃色体験についての情報をお届けしています。

桃色体験の新着記事

サボリーマンの俺が出会ったエロ女

俺は地方で働くただのサラリーマンなんだけどよく仕事をサボって昼寝に使っている漫喫がある。平日の昼間はあんまり人がいなくて2,3時間昼寝するのにはちょうどよいお店なのだ。たまに夕方にその漫喫によると学生やサラリーマンでいっぱいになるのでいつも昼間に使おうと決めている。つい先日も、いつものように漫喫で昼寝をしようと思い部屋に入って漫画を読みながらゴロゴロしていた。多分20分位ゴロゴロしてていつの間にか寝ていたのだが隣の部屋から人の気配を感じてなんとなく目が覚めた。ふと耳を済ませてみると隣の部屋からクチュクチュという音が聞こえてきた。なにか食べているのかと思い気にせずにいたらどんどんクチュクチュという音が大きくなってきた。気になってしまうと昼寝することもできなかったので一言注意しようと思い起き上がると吐息のような声が聞こえた。えっなんだ今の声‥?と思いよく耳を済ませて声を聞いてみた。隣の部屋でカップルがエッチでもしているのかと思ったがどうやら一人で部屋を利用しているようだった。勇気を出して隣の部屋を覗いてみようと思い立ち上がって伸びをするフリをして隣の部屋を覗いてみた。するとエロ動画を見なが…

サボリーマンの俺が出会ったエロ女の続きを読む

いつの間にかゲイの奴隷に

元々露出癖を持っている私はゲイの男性の目の前でオナニーをするのが好きだったのですが、いつの間にかゲイの方と仲良くなっていき今では私の口でゲイの方たちにご奉仕するのが当たり前になっていきました。もはや私はゲイの奴隷になり肉便器のような存在になっています。私は基本的に女性が好きで、はじめはゲイの勃起したチンポを見るのも嫌でフェラチオなんて出来るわけがないと思っていました。でも段々とゲイの方たちと仲良くなっていきチンポにも抵抗がなくなってきて少しずつフェラチオする事ができました。次第にプレイはエスカレートしていきフェラチオしてから顔にザーメンを掛けられることが当たり前になっていきました。そして次はザーメンを口に出され一滴も零さずに飲むようになりました。ゲイの方たちは自分のザーメンをごっくんしてもらうととても嬉しそうにするので、私もその顔が見たくてどんどんご奉仕したくなっていったんだと思います。ごっくんプレイの次はオシッコを口に出されてそれを飲むように命令されました。最初はものすごく抵抗がありました。初めて味わったオシッコの味はとても苦い味がしました。でもゲイの方に口を開けてと命令されて素直に…

いつの間にかゲイの奴隷にの続きを読む

SITE MENU

サイト情報

当サイトの情報により万が一

何らかのトラブルや損害が生じた場合でも

当サイトではその責任を一切責任を

取らないこととします。

あらかじめご了承ください。

当サイトのご利用は自己責任の元

行って頂くようお願い申し上げます。

Copyright © Bunnyshop All Rights Reserved.